100均LEDライトを単1電池仕様に改造で自転車ライトに

普段使いの自転車のライトが暗い。明るい自転車用ライトはやたら高額。最近100均LEDライトが随分明るくなったということなので、これを使って自転車用ライトにしてみた。 使ったライトはダイソーの2種類。小さい方は「スーパーLEDズームライト」大きい方は「LEDライトLDX」。 なかなか明るいので2本をフロントキャリアに取り付ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年初日の出

あけましておめでとうございます。2016年初日の出を見に行きました。 場所は名古屋市の北部、矢田川と庄内川が接するあたり。人道橋が2つの川をまたいでかけてある。ちょうど矢田川の上流方向が日の出の方角。近くに高層建築物や送電線などが無い。矢田川と庄内川の間なら車の駐車スペースがある。 7時少し前。まだ太陽は出てこない。 橋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V-Strom650にRVボックス改良版

V-Strome650のキャリアにRVボックスを取り付けたが、どうも落ち着きが悪い。「無理やり縛り付けている感」がある。 キャリアのゴムマットを外すとゴム固定の穴がある。これを利用してボルト固定を併用することにした。テント泊ツーリング用にはもっと大きなプラボックスを用意したので、取り外しは考えないことにした。 後の2つを利用する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンクバッグの改良

タンクバッグをV-Strom650に装着できるようにした。前端部をテープで縛るのは手間がかかる。ゴムひもとフックで固定できるようにした。 ゴムひもの力がバッグ底部を下に引くようゴムひもを通すテープを取り付けた。これでバッグを変形させずにしっかり固定できた。 バッグの表面に地図を入れるようになっているが、ツーリングマップルRを使っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V-Strom650用にタンクバッグを改造

タンクバッグは古いロードスポーツ用磁石式を使っていた。ところがV-Stromeはオフロード型のタンクでしかも左右はプラスチックのカバーがついている。これまで使っていたものはまったく張り付かない。新しい物を買うのもしゃくなので改造して使えるようにした。 改造前タンクバッグ 磁石を入れて固定する部分を切り離す。 切り離した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V-Strom650にRVボックス

10年以上乗った中古スパーダが随分くたびれてきた。あと何年持つかわからない。長距離ツーリングではトラブルの心配がある。筆者は現在64才、バイクを変えるなら今しかない!ということで、ツーリングをメインにして車種を考えた。 中古車で程度の良い物を探すことにした。 候補はホンダNC750シリーズ、ヤマハTDM、スズキVストロームを考えた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自作雨水タンクの製作

雨水の活用ということで、水が雨樋から45リットルゴミバケツに入るようにしていた。 しかし、これからの時期、蚊の発生源になり、晴天が続くとすぐに無くなってしまう。 そこで、ちゃんとした雨水タンクの設置を考えた。既製品はびっくりするほど価格が高い! そこでパーツを組み合わせて自作することにした。 雨水タンクは農業などによく使われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「高山五大桜」と「魚津蜃気楼」をめぐる気まま旅

4月下旬、信州高山村五大桜と越後・越中海岸をめぐる1泊2日車中泊の一人旅をしてきた。天気予報から前日までの雨模様が一気に回復する日に出発した。  いつものように春日井ICから中津川IC間は高速。塩尻までR19を走る。木曽川の流れが目に入ると、茶色ににごった水が川幅いっぱいに流れている。昨日までの雨の結果、かなり増水している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホンダステップワゴン車中泊仕様自作

昨年11月、車をフリードからステップワゴンに変えた。フリードは燃費が良く、サイズの割に中が広く最大7人乗れる。二人で車中泊旅行なら何とか快適に過ごせる。しかし、7人でスキーに出かけるなど荷物が多いとピンチ。FWDだったので凍結した登り急斜面ではやや苦しい。というわけで、ステップワゴン4WDを購入。最近夫婦で車中泊の旅行に出かけた。フリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬山のテントシューズを作ってみた

この冬、冬山でのテント泊をすることになった。冬山テント泊ではテントシューズが必要。テント内での足の保温だけでなく、靴を履かずにそのまま外に出ることができる。山道具屋さんに行くと、結構いい値段がついている。そこで安い既製品を使って「自作」してしまいました。 まずは、山の会の先輩の皆さんから「家庭用のダウンのスリッパ」で代用できるとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹田城と山陰海岸ジオパークの旅~その2山陰海岸ジオパーク~

竹田城を跡にして、山陰海岸ジオパークの旅は浜坂から海岸沿いに走り丹後半島伊根の舟屋までの旅である。 和田山から日本海に面した浜坂に行く途中「植村直己冒険館」に立ち寄った。 入口は建物の中央を貫く氷河のクレバスを表現した狭い廊下の真ん中にあった。冒険館は植村直己の生涯を紹介しながら彼が多くの人々に勇気を与えてきたことを感じ取れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天空の城・竹田城と山陰海岸ジオパークの旅~その1(竹田城)~

11月下旬、「天空の城・竹田城」と「単独行の加藤文太郎」の故郷浜坂から山陰海岸ジオパークを訪ねる旅をしてきた。竹田城は昨年も訪れたが、残念ながら霧が出なかった。今回は天気予報から予想した通り見事な霧が出た。 午後3時ごろ、名古屋をスタート。 東名阪から新名神を通り暗くなったころ大津SAに到着した。早めの夕食を食べた。施設が新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春18きっぷで行く飯田線全線乗車

青春18切符を使って日帰りJR飯田線全線乗車をしてきた。豊橋発8時10分、岡谷着16時、8時間かかった! 8月下旬の平日、前日チケット屋で買った残り1回の青春18切符を手に大曽根駅を6:33名古屋行きに乗車した。 金山で6:48豊橋行き快速に乗り継ぐ。 豊橋には7:35ごろ到着。早速、昼食用の壺屋のいなりずし購入。ビー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋外ループアンテナ設置でFM放送の受信、劇的に改善

 自宅のミニコンポのラジオのアンテナはAMもFMもセットになっていた室内アンテナを使用していた。鉄筋コンクリートの影響か、AMは普通に聞けるが、FMは受信感度が低く、音質は悪いし、雑音も入る。何とかならないかと思っていた。調べてみたら屋外ループアンテナなら工作も簡単で、アンテナ線の引き込みさえできればうまくいきそうと、試してみた。同軸ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自作BBQガーデンテーブル完成

ガーデンテーブル(BBQ兼用)を作った。 BBQをするとき、グリルの周りを囲むようにしてテーブルがあると、囲炉裏端風になってよいのではと思っていた。金網でできたものをホームセンターで見たが、テーブル部分の幅が狭い。もう少ししっかりしたものが作れないかと考えていた。ありあわせの材料で試作品を作り使ったらなかなか調子が良い。何より「焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今シーズン初スキーin岩岳

12月下旬、白馬に2泊3日でスキーで出かけた。予定は「アルペンスキー」に「ネイチャースキー」、時間があれば「スノーシュー」も楽しもうという欲張りツアー。 1日目名古屋から白馬へ。高速道路安曇野ICを下りて大町に近くなると、まわりは雪景色になってきた。 大町駅前の通りは除雪された雪が道の両側に積み上げられていた。 青木湖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートスキーでネイチャースキー?

1m以下の長さのショートスキーは短さ故に扱いが簡単で、それなりに滑ることができる。 そこでこの短い板にテレマークビンディングを付けて、ステップソールにしたらネイチャースキーにはなかなか便利な板になるのではないか。 ブックオフで安い中古があったので購入。これに3ピンのビンディングを付けてみた。 まずはステップソール加工。2.5cm間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天空の城・竹田城と但馬の小京都・出石1泊2日車中泊ツアーその2

ツアー2日目。道の駅「まほろばの里」、朝5時起床。直ぐ朝食を食べて6時前に出発。まだ暗い。まず展望台の立雲峡へ行く。 途中からかなり狭い山道を登る。やがて駐車場に到着。すでに満車。帰り道側に路上駐車が連なっている。車を止め、ヘッドランプを持って展望台へ向かう。駐車場には仮設トイレがある。ここで車中泊でもよかった。薄暗い中、かなり急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天空の城・竹田城と但馬の小京都・出石1泊2日車中泊ツアーその1

11月末、竹田城と出石への1泊2日車中泊ツアーに出かけてきた。 かなり前から竹田城は雲海の上にぽっかり浮かんだ城跡の写真で「「天空の城」とか「日本のマチュピチュ」とか宣伝されていた。映画「あなたへ」での1シーンも心に残っていてぜひ訪ねてみたいと思っていた。ここだけでは少し物足りない、ついでに寄る場所はないかと地図見ていたら出石を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more