テントのフライシート防水修理

モンベルのステラリッジ2人用が購入してから7年。随分使ってきた。
画像

とうとうフライシートのシームシーリングテープがポロポロはがれてきた。
早速モンベルストアーに持参して修理依頼。ところが生地のウレタンが劣化してきているので修理不可で戻ってきた。
昨年ぐらいから裏側がべたっとしてきたので怪しいと思ってたが、「やっぱり」でした。
現行のものは出入り口の位置が違うので使えない。旧型の在庫もなし。
しかし、この状態で捨ててしまうのももったいない。そこで何とか使える程度の修理に挑戦してみた。
まず洗濯をしてシームシーリングテープをはがしてしまう。
防水の強化で「信越シリコーン」の「POLON-T」を購入してフライシートの裏面に塗布する。
画像

フライシートは裏面を表にして張る。すると刷毛で塗りやすい。縫い目部分は特にしっかり塗っておいた。
画像

溶剤がトルエンにキシレンにエチルベンゼン。どれも要注意。体につけない、できるだけ蒸気を吸わないように塗る。
幸いわずかの風もあり短時間で終了。良く乾かす。
表面には撥水スプレーをかけた。これで取りあえず終了。当面シームシーリングテープは無しでやってみる。
漏れてくるようだったらテープではなくシール材を塗布する予定。
本体の底面にも撥水スプレーをかけておく。下に敷くブルーシートが少し大きかったのでちょうど良いサイズに切る。写真の敷いてあるブルーシートは作業用ですよ。念の為。
効果のほどは雨の日に使ってみてから・・・・。

"テントのフライシート防水修理" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント