金鍋の取っ手を改造してコッフェル化

キャンプ用に直径26㎝の「金鍋」を使っていた。8人程度までは賄えるし、軽いので便利。ところがザックに入れようとすると取っ手が邪魔になってしょうがない。コッフェルのように折りたたむことができればザックに入れるのが随分楽になる。蓋のつまみも飛び出していて邪魔。できるだけシンプルに改造できないかと考えていた。
邪魔な部分は切り取って、取っ手を針金(取りあえずハンガーの針金)で作ればよいと閃いた。
改造の結果はこれ。
IMG_5588_R.JPG
取っ手を出せば
IMG_5591_R.JPG
取っ手の部分は余分な所を切って、穴を開けて少し曲げただけ。IMG_5593_R.JPG
IMG_5592_R.JPG
ついでに蓋のつまみも邪魔なので取り外して鉄ビスで埋め、磁石でくっつけてもちあげるようにした。ところがネオジム磁石でもよく落ちる。そこで大き目のバインダークリップを使って折りたたみ式のつまみにした。
IMG_5590_R.JPG
これでザックへのおさまりもよくなった。40Lのザックでも楽に入るようになった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント