ウッドデッキ再生作業

居間の前にウッドデッキを作って10年以上たった。数年前から根太の一部が腐ってデッキ床板が沈んだりしていた。少し入れ替えたりしていたが、とうとう床板が落ち込むなど危険になってきた。
画像

ということで10連休後に再生作業を行った。まずデッキ床板をすべて取り去る。
画像


このままでは通れないのでコンパネを載せて通れるようにする。
画像

画像
床下は10年分のゴミが一杯溜まっていた。とにかく砂や土、木くず(ウッドデッキで随分木工作業をしたので)を清掃する。
腐ってきた部分は根太を十字に組んだ部分が多い。またデッキ板方向の根太がデッキ板と密着し、腐って来ていた。
そこで根太の組み方を抜本的に変える。昔のテラス部分の2本は痛みが少ないのでそのまま使用する。他は撤去し、デッキ板と直角方向のみとする。居間の前部分が3本、横の部屋の前が2本。9㎝角4mの防腐材塗布の木材を購入して使用しする。庭側を3㎝下げ、床にわずかな勾配をつけて水はけをよくする。幕板は付けない。
束石はそのまま利用して高さは束柱で調整する。
根太は1日で完成!水糸を張って高さを決めれば簡単にできた。
画像

今回の新兵器はこの丸ノコ。
画像

今まで電動工具セットでモーター1個で工具を付け替える方式だったので扱いにくかった。操作しやすい。9cm角の角材の切断も簡単にできた。
デッキ床材は多少劣化が進んでいるがまだ十分使用できる。ワイヤブラシと金属タワシでカビや劣化した部分を落としで使用する。デッキ床板は少しすき間を空けて張ってあったがここから物が落ちる。ゴミも落ちて床下に溜まってしまう。そこで今回はデッキ板はすき間なしで張る。
1日目でここまで完成。
画像

2日目ではここまで。
画像

3日目で居間の前部分は完成。
4日目で横の部屋の前の細長い部分を完成。
画像

画像

これでひと段落。
次の作業は細長いデッキの一番奥に庭仕事の道具などの収納庫をつくる。
最後の大仕事は雨よけの屋根の作り直し。頑張れば3日もあればできるかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック