V-Strom650にRVボックス

10年以上乗った中古スパーダが随分くたびれてきた。あと何年持つかわからない。長距離ツーリングではトラブルの心配がある。筆者は現在64才、バイクを変えるなら今しかない!ということで、ツーリングをメインにして車種を考えた。
中古車で程度の良い物を探すことにした。
候補はホンダNC750シリーズ、ヤマハTDM、スズキVストロームを考えた。
NCは燃費がよく低重心で乗りやすく、ダミータンクのトランクは便利。ところがリアシートを上げて給油せねばならない。荷物を積んだら、給油が大変。エンジンは6000rpm程度までしか回らない。今までの感覚から言えば物足りない。
スズキの販売店にVストロームの実車を見に行ったら走行距離が少なく新車同様の中古車があった。シートが高いのが難点だが使えないほどではない。いろいろブログなど調べると、評判もよい。ということで、中古Vストローム650を購入。
画像

高さがあるせいか、とにかくデカイ!。
さっそくスパーダに付けていたRVボックスを取り付けた。
画像

リアキャリア―が付いているので、上にのせてベルトで固定するだけ。
画像

やってみると、車体側はキャリアーに縛るしかない。後が簡単に浮いてしまいしっかり固定できない。
そこで、RVボックスの下に入れているべニア板をキャリアにうまく固定できないかと考えた。
キャリアの乗っているゴムを取る。
画像

べニア板が安定して乗る。後端部に凹部があるので、ここに金具を差し込めば、浮き上がりと前へのずれを防止できそうだ。板の裏側に金具を取り付けた。
画像

ついでに周囲に4本脚をつけ、キャンプの時にはそのままテーブルとして使えるようにした。
後はこれをキャリアーに載せ、更にRVボックスを載せて足の部分4か所をベルトで固定する。
画像

画像

画像

画像

これで完成!金具が未塗装で光っているのでちょっとみっともない。黒くペイントする予定。
画像

2時間ほど乗ってみた。まだ慣らし運転注なので回転は上げられないが、街中では十分以上に速い。動いていれば取り回しもよい。車線変更、右左折もスムーズ。身体はほとんど直立のため、腕が楽。視点が高いので運転しやすい。足の曲がりが適度なので長距離でも楽そうだ。難点は止まって足で支える時。まだ慣れない。押して動かすときも重い。(軽いスパーダに慣れ切ってしまったためか)
早速ツーリングに出かけたいのだが、はてさて、いつ行けるのだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック