桜を訪ねて木曽川堤防自転車日帰りツーリング

4月9日名古屋市内は桜満開に。暖かい一日になりそうなので犬山から木曽川左岸をたどる桜花見自転車ツーリングをやってみた。10時ごろ名古屋を出発し犬山へ、さらに木曽川左岸堤防を走り弥富まで、走行距離80km。弥富からはJRで輪行。
最初は名古屋市北区の御用水跡街園へ。ここは桜が両岸から川の上にせり出し、満開の時は素晴らしい景色となる。
画像

この散策路のスタート地点には噴水がある。桜の季節だけでなく、いつも多くの人の散策路になっている。
画像
R41の旧道、現主要地方道27を北上し犬山に向かう。途中羽黒で五条川を渡るが、この五条川も桜の名所。五条川の桜は岩倉周辺が有名らしいが、羽黒も見事。ライトアップのライトが川の中に設置されていた。
画像
ちょうど小学生の下校時に出会った。
画像
犬山では木曽川河畔で桜を見ながら昼食。平日ながら大勢の観光客が花見を楽しんでいた。
画像
犬山城では前日まで犬山祭で山車が出ていた。出しのからくり奉納があった神社前の路面には山車の「どんでん」(方向転換)の跡が残っていた。
画像
犬山からは木曽川堤防に作られたサイクリング道路を下流に向かう。途中緑地公園が幾つか作られている。
画像
やがて木曽三川公園三派川地区138タワーが見えてくる。ここの「木曽川堤」の桜も素晴らしい。
画像
138タワーの138は一宮から138mの高さにしたらしい。この場所はサイクリング道路両側が芝生で花見に最適。にぎわっている。
画像
さらに木曽川堤防を下流に向かう。サイクリング道路が所々途切れながらも続く。祖父江でとうとうサイクリング道路が途切れた場所。
画像
この後しばらく一般道路を走り、今度は堤防管理道路を走る。随分頻繁に車止めが作られている。
画像
途中「渡し船」があった。
画像
ずっと川下に下ってくるとやがてJR関西線・近鉄線の鉄橋にたどり着いた。時刻はもう16時。ここからさらに河口まで下ると帰りがやや大変になる。近くの弥富駅から輪行で帰ることにする。
画像
久々に長い距離を走ったが、ほとんど平坦なコースだったので比較的楽に走ることができた。日帰りツーリングとしてはなかなかよいコースだった。もう少し早く出発していれば河口までたどり着けたと思われる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

はな
2012年04月23日 14:42
御用水のさくらきれいです。今年は行くことができなったのですが、このブログで見られてラッキーでした。今後もいい写真楽しみにしています

この記事へのトラックバック