べんきちおぼえ書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 紀伊半島バイクツーリングキャンプin潮岬(後半)

<<   作成日時 : 2017/05/20 11:39  

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

二日目、潮岬キャンプ場の朝。
画像

ロープが張ってある理由は
画像

そう、広い芝生はキャンプ設営禁止。通常は道路に近い駐車場横の一角が無料キャンプ場です。
天気予報は晴れ。日の出を見ることができた。
画像

ついでに広場を散歩。
画像

7時半に出発。潮岬灯台に行く。
画像

開場は9時〜。外から眺めるだけですます。
次はくしもと大橋を渡って大島に。トルコ軍艦遭難記念碑と樫野崎灯台を見に行く。しっかりした駐車場があり、あとは徒歩。ここもすべて9時〜なので外から眺めるだけ。
まずは遭難記念碑。
画像

樫野崎灯台。
画像

明治23年、遭難したトルコ軍艦の乗組員を住民が救助したしたことからトルコとの友好が深まったとのこと。人の命に国境はありませんね。でも最近のトルコは独裁政権化が強まっているように思われ心配です。でもトルコの人たちも日本も同様と心配しているかもしれませんね。
海金剛も見てきました。集落の狭い道の先に駐車場。徒歩数分。こんな道を歩きます。いかにも南国って感じです。
画像

展望台から海を見ると。
画像

南紀熊野ジオパークのなかの1つです。
最近あちらこちらに「ジオパーク」「ジオサイト」が設定され、詳細な解説看板が設置されている。そこに「絶景」がなぜできたのか、何がわかるのかなどおもしろい。
次は今回の目的地の一つ「すさみ町エビとカニの水族館」へ。
数年前建物の前まで行ったが夕方で閉館時間を過ぎていた。今は新しい道の駅の横に移転している。
画像

画像

手作り感のある展示でおもしろい。小規模で財政的にも大変なようだ。水槽ごとに生き物解説と並べてサポーターが紹介されている。
画像

ガラスの貝殻に入ったヤドカリが見ものです。普通見られない貝殻に入ってしまう部分が見られます。
画像

エビ・カニはつい美味しそうと思ってみてしまいます。
画像

ウツボの体を掃除する、こんな小さなエビもいました。
画像

ヤドカリ釣りも楽しみました。
さて次は白浜まで行きます。目的地の一つ「南方熊楠記念館」です。その前に「千畳敷」に寄り道。
画像

記念館は番所山公園の中にあります。狭い急坂を上ると駐車場がありました。道はすれ違いができないので入口に信号機がついています。駐車場からとほで階段を上がります。
画像

新しい記念館がありました。
画像

熊楠の生涯や仕事など大変わかりやすく展示してありました。確かに「知の巨人」「博物学者」といわれている通りと思いました。明示19年、19歳で渡米しその後イギリスへ。33歳で日本に戻った。記憶力のすごさ、書写による学び、植物採集など実物へのこだわりなど学ぶところが多くある。
せっかく白浜に来たので温泉に入る予定をしていたが時間不足でカット。「とれとれ市場」で刺身のどんぶりを食べて帰途につく。
画像

白浜からしばらく海岸線を走り、高速道路に入る。和歌山からは京奈和自動車道を通る。この道は無料で高速道路並み。天理から西名阪・名阪国道と走ったが、亀山の手前から四日市まで大渋滞。通常でもよく渋滞しているが、集中工事の影響もあり大変だった。真面目に通常の車線で並びましたよ。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紀伊半島バイクツーリングキャンプin潮岬(後半) べんきちおぼえ書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる